columns

コラム

Artist Note Vol.006

「民謡クルセイダーズ」日本の若者に支持される無国籍風の民謡バンド

2023年3月14日 ・By 麻田浩

初めて民謡クルセイダーズを聞いたのは代官山の『晴れ豆』だったと思う。久保田真琴君が「麻田さん面白いバンドがいますよ、聴きに行きますか?」といってライブの情報をくれたので聴きにいった。メンバーが福生のハウスに住んでいると聞…

Read More
Side Story Vol.001

ずっとハイドパークに出演して欲しいと思っていたデイヴィッド・リンドレーが亡くなった

2023年3月4日 ・By 麻田浩

デイヴィッド・リンドレー(David Lindley)が亡くなった。 彼に最初にあったのは1973年、今は無いシカゴのクワイエット・ナイトという小さなライブハウスだった。当時彼はジャクソン・ブラウンの2枚目のアルバム『F…

Read More
Hyde Park Story Vol.008

当時は無名のミュージシャンの狭山コミューン、小坂忠・細野晴臣・洪栄龍・はちみつぱい・吉田美奈子 etc

2023年3月2日 ・By 麻田浩

アメリカで買ってきた3000枚のレコード 僕の狭山のハウスには、それまでにアメリカで買ってきて集めたフォークやロックのアルバムが3000枚くらいあったから、時々友人たちが集まってコーヒーを飲みながらそれらを聴いたりしてい…

Read More
Artist Note Vol.005

80年代後半のモッズムーブメント出会った田島貴男

2023年2月27日 ・By 麻田浩

田島貴男を初めて見たのは新宿JAMでやっていたモッズ・メーデーだったと思う。JAMの周辺に、M51のパーカーを着てベスパやランブレッタに乗ったイギリスのモッズ風に決めた若者が集まって、ここは東京だというのが信じられないく…

Read More
Artist Note Vol.004

ついに完全な形のムーンライダーズが登場する!

2023年2月16日 ・By 麻田浩

2023年2月23日【追記あり】 今年のハイドパーク・ミュージック・フェスティバルについに完全な形のムーンライダーズが出てくれる。過去のハイドパーク・ミュージック・フェスティバルにもメンバーの何人かは出演してくれているが…

Read More
Hyde Park Story Vol.007

日曜日大工ブーム到来!素人大工さんが作ったトムの小屋(Tom’s Cabin)

2023年2月12日 ・By 麻田浩

ジェームス・テイラーの影響からはじまった 狭山のハウスは当時どんなに改装しても良いといわれていた。僕は息子の誕生祝いのご祝儀にユーティリティールーム(家事室)を作ろうと思い立ち、近所の友人たちに手伝ってもらって小屋を作っ…

Read More
Artist Note Vol.003

「踊ってばかりの国」との出会い

2023年1月31日 ・By 麻田浩

印象に残った下津君のソロパフォーマンス 僕が「踊ってばかりの国」を知ったのは、下北沢440で見る前に、キーポン君がオープナーで出たイベントで下津君のソロを見たことがきっかけだった。それがすごく良くて彼のバンドを見に足を運…

Read More
Artist Note Vol.002

“おじさんキラー”だな、関口スグヤ君は(笑)

2023年1月19日 ・By 麻田浩

KEEPONの自作自演に驚き キーポンという面白い子がいるということは随分前から聞いていたのだが、実際に彼の演奏を聞いたのは、何人かの若いシンガーソングライターが出たイベントだった。そのときに出しているCDを全部もらった…

Read More
Hyde Park Story Vol.006

70年代 表参道セントラル・アパートの文化人が狭山に引っ越してくる

2023年1月6日 ・By 麻田浩

学生時代のバンド仲間、渡辺かおるが狭山に遊びに来てVANとMU!! が繋がる 狭山に引っ越してすぐの1972年頃、学生時代のバンド仲間である渡辺かおるが、時々狭山に遊びに来るようになった。多分、かおるはワークショップMU…

Read More
Hyde Park Story Vol.005

WORKSHOP MU!! が教えてくれたのはアメリカンアートから日本の古き良き文化や骨董

2022年12月13日 ・By 麻田浩

狭山に移り住む前の僕は、音楽は洋楽、車は外国車、ラジオはFENとほとんど外国かぶれ状態だった。僕が狭山に移り住むきっかけを作ってくれたデザイン事務所、ワークショップ MU!! の連中もそうだと思っていた。ところが、彼らと…

Read More

End of content

End of content