Side Story

サイドストーリー

Side Story Vol.009

ハイドパークフェス復活を象徴するような素晴らしいライブペインティング!RUSOWさんインタビュー

2023年7月7日 ・By Team HydePark Music

Hydepark Music Festival では未知のアーティストとの嬉しい出会いがあります。2023年は音楽だけでなくアートで参加してくれたアーティストがいました。サブステージの横のテントで2日間、ペインティングし…

Side Story Vol.008

トノバンズ物語:加藤和彦トリビュートバンド By 平松稜大(たけとんぼ)

2023年7月2日 ・By Team HydePark Music

トノバンズ物語:加藤和彦トリビュートバンド By 平松稜大(たけとんぼ)全7ページ かわいた風が耳元をなでて、やがて訪れる夏の気配を感じとれたのは、この日がたぶん今年で最初の日だった。 4月も末、まだ肌寒い日もある。初夏…

Side Story Vol.007

バトンを繋ぐハイドパークフェス!僕も!by 関口スグヤ

2023年5月23日 ・By hydeparkmusic

思い出すたびに胸がいっぱいになるハイドパークフェス。 人の温もりも、公園の大自然も、写真で見た70年代の風景のまま。およそ半世紀もの間、たくさんのファンによる熱い想いが、大切な音楽を受け継ぎ、このフェスを復活させたんだな…

Side Story Vol.006

ハウスの時代:音楽と共鳴する過去と未来 by 栗原良子

2023年5月19日 ・By Team HydePark Music

黄金週間の始まりに、隣駅、稲荷山公園で開催されたHMF(ハイドパーク・ミュージック・フェスティバル)へ行った。野外フェスは初めての体験である。ハイドパークとよばれるこの広大な緑地公園は、かつて米軍居留地であった。一九六三…

Side Story Vol.005

時空を超えて音楽と繋がる体験:HMF2023 By 朗(Aki) DJ/選曲者

2023年5月15日 ・By Team HydePark Music

私が育ったのは「ハイドパーク・ミュージック・フェスティバル」(以下HMF)の会場である狭山市の隣。 家ではFEN(米軍のラジオ局)が流れ、基地の一般開放日には家族で遊びに行くこともあり、この土地での暮らしを通して、子ども…

Side Story Vol.004

西武鉄道沿線・西埼玉エリアに蓄積した文化のネットワーク by 藤村龍至

2023年5月10日 ・By Team HydePark Music

ハイドパークミュージックフェスから戻り購入したブックレットを読む。会場となったハイドパーク(稲荷山公園)周辺は戦前の陸軍航空士官学校が戦後アメリカ軍に接収されジョンソン基地に、1950年朝鮮戦争で米軍住宅が建設された土地…

Side Story Vol.003

この地で生まれた「音楽の種」を伝えていく強い意思 by 高橋文也

2023年5月9日 ・By Team HydePark Music

ハイドパーク・ミュージック・フェスティバル(以下HPMF)開催の2週間前、下北沢の音楽バー「ラ・カーニャ」で、NYブルックリン在住の17歳のバンジョー弾きノラ・ブラウンの来日公演を見ました。 彼女を招聘したのはトムスキャ…

Side Story Vol.002

ハイドパークフェスを振り返って

2023年5月7日 ・By 麻田浩

ハイドパークフェスをやろうと決心したのは小坂忠の死だった。これはいろんなところに書いたし、ラジオでもしゃべったのでもう書かないが、とにかく4月28日に大阪にいたぼくは彼の訃報を聞いた時に、来年の4月にハイドパークフェスを…

Side Story Vol.001

ずっとハイドパークに出演して欲しいと思っていたデイヴィッド・リンドレーが亡くなった

2023年3月4日 ・By 麻田浩

デイヴィッド・リンドレー(David Lindley)が亡くなった。 彼に最初にあったのは1973年、今は無いシカゴのクワイエット・ナイトという小さなライブハウスだった。当時彼はジャクソン・ブラウンの2枚目のアルバム『F…

Side Story Vol.000

Hyde Park Music Festival 2023開催のお知らせ

2022年11月6日 ・By 麻田浩

11月1日に記者会見を行い、来年の4月29日(土) 30日(日)にハイドパークフェスティバル17年ぶりの復活開催を発表しました。ハイドパーク・ミュージック・フェスティバルに関しては、多くの方から再開を望むメールをいただい…

End of content

End of content